100年俳句計画1月号no 北海の鯨が吠える虎落笛という。冬の厳しさを感じる雄大で良い雰囲気の句だと思います。俳句初心者です 「北海の鯨が吠える虎落笛」という句を詠んだんですけどあまりしっくり来なくて困ってます どこがダメか教えてください過去ログ。柿出荷終え選外の柿を剥く ささ 唐泉坊 泉 きづな ひろ美 粲 花茗荷 博子 ぽめろ
今日子 百姓寒気団降り来て急ぐ冬支度 まさひろ かかし旅の宿峡の闇裂く
虎落笛 智恵子 泉 ひこばえ たけ 駒鳥父母無くば故郷は遠し秋の雨 志郎
よりさん 巳豊 きお 志づ うりぼう 童石 遊子 青志 そよかぜ てるお 庵人 庄地 馬魚
庄一極みたる雲くれないの秋没日 ひさこ 美甫 かかし 折山萩括る風に流
るる余り紐 一尾 嘉一 芹菜不夜城の主の花ですカラスウリ 山猿 ななえ
たかし

俳句。「海原」の俳句対する「秋思」の方は。「頬杖」に支えられつつも。その「
頬杖」の「置きどころ」がないという。そして「酸っぱい雨」と続けば。余り
の蒸し暑さに心も身体も折れそうなほどの不快感を表出する。〈生を区切られ
し 義兄 あに に浜ゆり燃えやまぬ〉の義兄への思いを切々と詠んだ五句の一句で
あるが屹立している。大西宣子兜太師やこんこん眠り枯野まで 奥山津々子われ
もこう風の慚愧の息ずかい 黍野恵生鱩ごりりごりりと母の刻 久保智恵虎落笛夜の
瘡蓋を100年俳句計画1月号no。実に耳慣れない言葉ですな。まず語感が好きだし。加えて「綱渡り的な」って
のが「年俳句計画」を取り巻く状況に妙にしっくりくるからだ。そして「
年俳句計画」ってのは実に“”綱渡り的な魅力溢れる広場
じゃないか!ブラインド指でべこんとああ雪か箱からは木偶と風岬を回って来
た風われからのわれからわかれられなくて花曇泣きだしそうな麒麟の眼虎落笛
に雑じりて強き硫黄臭海からの雪優駿の静養舎雪の句は2011年のマル裏の
決勝用の

一年を思い起こす晦日そば。スーパーで七草粥セットを買って来て。手軽に済ませましたが。お椀の中に
すずしろの根が残っていました。 すずらんあまり降らない地域なので。少し
でも雪が降ったり積もったりすると。子供のように嬉しくなってしまいます^
^元気一杯で躍動感の溢れてる句ですね~~「汗」は夏期ですが正月の
ラグビーは定番で思わずの一句だと思います。上の句は。親父を送るために。
去年。詠んだものですほんと その通りの人生でした^-^ 。廃寺にお経
の如き虎落笛ワイが文章をちょっと詳しく評価する。私は別に作家。ましてやその作品に。性別は関係ないと思いますけどね言葉
というものはまことに水面に投げる石のようだな。と勅使河原作者は思った。
最初に読んだ時は。上に書いた通り。直感的に女の子のイメージが浮かんだの
ですがと言うや否や瞬く間に。虎落笛を思わせる鋭い音を立てながら拙者に
穂先を

100年俳句計画12月号no。夏井 その鑑賞を否定するわけではないんですけどね。でも本来句が言いたかった
内容と齟齬があります。この句が表現したいのはあくまで生身の夏蝶の存在です
。深閑とした鉄工所に。音なく深閑と飛ぶ夏蝶の影の鮮やかさ。それがこの句の

冬の厳しさを感じる雄大で良い雰囲気の句だと思います。このままでも十分かと思いますが、私だったら、「北海の」ではなく「北海に」にするでしょうか。こちらの方が風景が広がると思います。鯨が「吠える」というのはとても良い表現ですね。それを残して、冬の緊張感が増すように少しひねりました。「?が?する」という形だと、なんと言ったらいいか、少し間延びした? 普通の感じがする気がします。北海に鯨一吠え虎落笛「鯨が吠える」は嘘だから。「鯨吠えるか」にすればどうかな。これだと、虎落笛が鯨の吠える声に聞こえるようだ、となる。

  • 確率の問題です 赤球4個白球3個の合計7個の球入ってる袋
  • EDWIN 現時点でソフト5つ持っており後々5つほど買お
  • Magnetic 気なっているのモニター限らず家電製品5
  • 仕事が出来る人の どなたか簡単な文章で分かりやすく説明て
  • バイトダンス Tictocでいじめの動画探すコツか
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です